本文へスキップ

鹿児島100km徒歩の旅実行委員会

100km徒歩の旅とは?profile

鹿児島100km徒歩の旅について


鹿児島100km徒歩の旅について

「鹿児島100km徒歩の旅」は、当初青少年育成事業として鹿児島青年会議所(JC)で開催されていましたが、現在は有志により実行委員会で運営されています。

100km徒歩の旅は、子供たちの「生きる力を醸成」する青少年育成事業で、全国さまざまな場所で開催されています。
小学校4年〜6年までの子供たち100人が100kmを歩く事業です

ただ単純に子供たち100人を歩かせるというものではありません。
大学生を中心としたスタッフが、3ヶ月にわたる研修を受け企画・立案しながら、安全に子供たち全員を完歩させることを目指しています。

子供たちは、100kmという道のりを、スタッフに支えられながら、一歩一歩前進してゴールを目指します。
時には、スタッフがお兄ちゃん、お姉ちゃんになり、励ましながらがんばる時もあり、時には親の立場になり叱ることもあります。

違う学校、違う学年の子供たちと4泊5日、同じ班で行動しますので、最初は戸惑いながらも、自然とお互いが支え合う思いやりや、協調性が生まれてきます。

また、4泊5日では、車での移動や宿泊地でクーラーなどない、非日常体験をすることにより、当たり前に過ごす日常に感謝できることでしょう。

子供たちは、非日常体験をしながら、4泊5日をかけて、自分の足で100kmを歩きます。
100km徒歩の旅は切欠でしかありません。
そのような経験をしてきた子供たちを、甘やかすのではなく将来に向かって目標や夢を持てるように、家庭でどのように伸ばしてあげるのかが大切だと感じます。

近年、小学生の時に参加してくれた子供たちが、大きくなって学生スタッフとして参加してくれることが多くなりました。
スタッフで参加してくれた学生も、社会人になって実行委員会メンバーとして、この事業を支えてくれます。
100km徒歩の旅が、このようにサイクルになって長く続いてくれることを願っております。


鹿児島100km徒歩の旅

〒892-0822
鹿児島市泉町10−10

FAX 099-216-8624